読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

『闇っ子~戸籍のない子供たち~』ネタバレ。|【今だ行われている!?中国の人身売買。戸籍がない子供(ヘイハイツ)に待つ運命とは?】

スポンサーリンク

お金、性欲に溺れ、もがき苦しみ、

親子関係に悩み、翻弄され・・・

世間の荒波にもまれながら生きる。

実話をもとに漫画化された

”ストーリーな女たち”シリーズ。

世の中の女性たちの激情がリアルに描かれているので、

いつも読み入ってしまいます。

 

電子書籍サイトのまんが王国は、

どこのコミックサイトよりもいち早く

先行配信されることが多いのです。

⇒まんが王国

※「ストーリーな女たち」で検索するとでてきます。

 

3月29日に先行配信されたばかりの新作、

闇っ子~戸籍のない子供たち~

は、

つい最近の2004年の中国の一人っ子政策が、

物語のテーマになっています。

f:id:tmgetoshi:20170330171514j:plain

 

今回はこのメインテーマになっている、

当時「闇っ子」と呼ばれていた、

戸籍に名前が載っていない子供たちの現実について

調べてみました。

まんが王国では、

『闇っ子』の内容を無料で試し読みできるので、

読んでみてください。

⇒無料試し読みはコチラ

 

 

 『闇っ子』のとは?

黒孩子(ヘイハイツ、ヘイハイズ)とは、

中国で一人っ子政策に反して生まれたがために、

戸籍を持つこと、戸籍に登録されない子供のこと。

俗称として、”闇っ子”と表現されています。

 

この黑というのは「闇」を意味していて、

 その人数は数億人と言われていて、

確かな人数が未だにでていないそうです。

 

⇒まんが王国

※「闇っ子」で検索すると出てきます。

 

1人以上は要らない

この物語に出てくる雪蘭の両親は、彼女を学校に通わせてもらえません。

一人っ子政策の条件として、

子供が1人の場合には国から様々な恩恵を受けられます。

それに対して2人以上の子どもを持ったじてんで、

・両親ともに昇級・昇進の停止

・学校への優先入学権の剥奪

・各種手当ての停止

など・・・

1人以上を戸籍に入れると、

親たちに不利益が生じるのです。

そのため雪蘭の両親たちは娘を、

お金のために売りに出したのでした。

 

しかも農村という環境であったため、

男の子が重宝されたのです。

なので弟が生まれたこと雪蘭が売られた理由の一つです。

 

読んだ感想は?

このような自分の子どもを、

お金のために売りに出すという現実が、

つい最近まで行われていて、

今でも政府の目が届かない場所で行われていると考えると

ゾッとします。

日本に生まれて良かったと思ってしまいました。

今回ブログに書いたことは、

物語のほんの一部です。

この漫画には私達の想像を絶する世界が描かれています。

⇒続きはコチラから

スポンサーリンク