読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

恐怖の殺人SNSがテーマの漫画『公開処刑』小川まりも9話ネタバレ・感想。無料試し読みするならここ!

スポンサーリンク

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

9話あらすじは?

 

穴だらけの床の先にあった古びたハシゴを必死になって登る章吾でしたが、


壁は腐り、ハシゴは今にも剥がれそうな状態です。


登ることも降りることも出来ない章吾の耳にギシギシと猫の着ぐるみの足音が
聞こえてきます。


何も言わず、ただ近づいてくる猫の着ぐるみを見て、


死にたくない、死にたくないと必死で登ろうとしますが、ハシゴが壁から剥がれそうなので動けずにいます。


やがて足音が止み、振り返ると誰もいないので助かったと思いホッとしますが、
次の瞬間、章吾の耳に爆音が響き渡ります。


猫の着ぐるみは大型トラックで廃墟に突っ込んできたのです。


壁をぶち抜き体当たりしてくる猫の着ぐるみ、脚をつぶされた章吾はなすすべもなく廃墟の穴に落ちていきます。

 

猫のぬいぐるみはそれを確認するように見ているだけです。


転落した章吾は姉たちがいる病院で目を覚まします。

 

自分はなぜ生きてたられたのか何も解らない彼に看病していた姉たちはこう告げます。

 

「3日間も生死を彷徨っていた」


親に目を覚ましたことを伝えようと走る姉たちを見ながら章吾は考えます。


転落し仮死状態になったことで、猫の着ぐるみは自分を死んだとカウントしたと
理解します。

 

枕元に置かれたスマホを恐る恐る見ても、あのアカウントは消えています。


自分はもう襲われない、助かったと確認してホッとしたのもつかの間・・・


そんな章吾の耳元でフレンダーの通知音が不気味にポンと鳴ります。

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

9話読んだ感想は?

 

怖い、真っ暗闇の廃墟もかなり怖いですが、どんどん送られてくる自分の画像は
もっと怖いですね。

 

誰もいない場所から、送ってくるというのは本当に困ります。


夜中に部屋から出にくい、トイレに行けない嫌なシュチエーション・・・


おまけに、真っ暗闇から真っすぐ歩いてきたと思えば、大型トラックで体当たりなど

 

猫の着ぐるみは心臓に悪すぎます。


しかも、主人公がターゲットから外れてホッとしているのに、再度のフレンダーからの通知音、本当に気になって仕方がないです。

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 過去にこんな記事書いてます☟

tmgetoshi.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク