読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

【閲覧注意】私が児童養護施設にいた時の驚愕のエピソードをお話します。児童虐待は大人と子どの未来を断つもの・・・絶対にダメです。

新・児童養護施設の子どもたち
スポンサーリンク

 

 

様々な家庭の事情で児童養護施設にやってくる子供たち。

 

 

 

 

 

親から受けた壮絶で目を覆いたくなるような虐待の内容が描かれている漫画、

 

 

 

 

 

 

新・児童養護施設の子どもたち

 

 

 

 

f:id:tmgetoshi:20170101095212j:plain

 

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

 

 

 

この物語に出てくる子供に対する母親の虐待の内容は想像を絶するものでショックを受けました。

 

 

 

 

自分の子供には絶対できないような酷いことをしているので、あまり読むことをオススメできません。

 

 

 

 

 

私がかつて保育士を目指していた頃、

 

 

 

 

保育士の資格を取得する際必ず実習を行うのですが、この実習は保育園だけではなく、施設実習というものがあります。

 

 

 

 

施設は障害児施設や乳児院、児童養護施設などがあり、

 

 

 

 

私は児童養護施設に行きました。

その時の実体験をお話します。

 

 

 

 

 

 

子どもたちには虐待ではなく愛情を

 

 

 

 

 


児童養護施設は、様々な子がいました。

 

 

 

毎日明るい笑顔で何故ここに居るんだろうというのが第一印象でした。

 

 


ですが、私からなんでここに居るのか聞く事は禁止だったので聞けません。

 

 


あと数日で実習も終わりという時でした。いつものように子どもたちと談話をしていた時でした。

 

 

 

 

子どもたちの方から、

「親が私たちを叩いてここに居るんだよ」

「兄弟で叩かれてここに居るんだよ」

と教えてくれました。

 

 

 

 

私は何と言葉を掛ければ良いのかわかりませんでした。

 

 

 

 

ですが、子どもたちは笑顔で「でも、ここにいれば大丈夫」「お父さんにお母さんが叩かれていないか心配」と言いました。

 

 

 

 

自分たちの心配ではなく、親の心配をする子どもたちをみて私は一体何ができるだろうと思いました。

 

 

 


中には、「今はここに居るけどまた来年からは親と住めるんだよ」と笑顔でいう子もいました。

 

 

 


どんなに虐待をされても親は親なのだという事、親と一緒にいれないことの方が寂しいということなのでしょう。

 

 

 


どんなことがあっても、子どもは親を捨てる事はないということがわかりました。

 

 

 


11年経って今でも忘れることのできない経験でした。

 

 

 


虐待は絶対にしてはいけません。理解すらできません。

 

 

 

 

施設で見た子どもたちの笑顔を大人が奪って良いわけがありません。

 

 

 

 

どんな理由があっても大人は子どもを守っていかなければいけないと思います。

 

 

 

 

大人はストレスや感情を自分でコントロールできるのですから、憎しみや憎悪で子どもにぶつけず、愛情を注ぐべきです。

 

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

スポンサーリンク