読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

漫画『新・ちいさいひと~青葉児童相談所物語』1巻ネタバレ。|【とある保育士の方の”児童虐待”に対する思い。】

スポンサーリンク

 

 

こんにちわ。

 

 

 

 

サイト管理人のミポリンです。

 

 

 

 

 

今回は、児童虐待をテーマにした漫画、

 

 

 

 

 

 

新・ちいさいひと~青葉児童相談所物語~

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「新ちいさいひと」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

この漫画を読んで児童虐待について考えさせられ、微力ながら自分にも何かできることはないのかと思い、

 

 

 

 

 

色々調べてみたところ何をしたら、何からしたほうがいいのか?さっぱりわからなかったので、

 

 

 

 

 

とある保育士さんの児童虐待についての考え方に共感したので紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちのSOSを見逃さない。

 

 

 

 

 

わたしはこの10年間の間、保育士として、子どもたちと過ごして来ました。

 

 

わたしがこれまで保育士として働いて来た中で、子どもたちを取り巻くさまざまな問題に直面して来ました。

 

 

 

両親の離婚や低所得者を両親に持つ子どもなど、家庭環境によって子どもたちの成長に及ぼす影響は大きいと感じる日々です。

 

 

 

その中で、児童虐待ということにも気を配らなければならないのが保育士の仕事でもあります。

 

 

 

日々、保育園に通ってくる子どもたちの身体にできた傷やあざの見逃しをしないこと、

 

 

 

さらには身体には現れない、子どもたちからのSOSの見逃しをしないこと、

 

 

 

また目には見えない、子どもたちの心の傷のケアなども保育士に課せられる仕事の一つです。

 

 

 

そんな責任を担う保育士の仕事ですが、

 

 

 

わたしが受け持っていたクラスの子どもの中にも、父親からの虐待にあっている子が、以前いました。

 

 

 

そのような子どもがこの世の中から1人でもいなくなり、安心して子どもたちがすくすく育つように大人のわたしたちは見守らなければならないと思います。

 

 

 

 

子どもを育てるのは決して、両親だけではありません。

 

 

 

 

地域の大人、保育士のわたしたちなどが、子どもたちの児童虐待防止や児童虐待から守る、救う活動をしていかなければならないと思います。

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「新ちいさいひと」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク