読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

1月27日発売。漫画『鳥葬のバベル』二宮志郎 1巻1話ネタバレ感想、無料試し読みあり。

スポンサーリンク

突然街の上空に現れ、

人々を殺しまくり、

丸のみにする巨鳥サンダーバード。

 

 20年前一家が惨殺され、

施設で育った加瀬宗助は、

 サンダーバードに施設時代の恩師である

駿河先生を殺されました。

 

 漫画、鳥葬のバベル 

には先生の娘のマリを守ると決意した宗助の

サンダーバードとの闘いが描かれています。

 

⇒まんが王国

※「鳥葬のバベル」で検索するとでてきます。

 

不気味で謎が多い巨鳥サンダーバードは

大きな口ばしを大きく広げ、

人間を頭から丸のみにします。

 

 通の鳥が虫などを食べるかのように

人間を食べる姿がグロくて

気持ち悪くてドン引きです。

 

 羽とか足の感じとか、

個人的に鳥をそもそもあまり好きじゃないので、

読み進めていたら気持ち悪さが常に押し寄せてきました。

 

 

駿河先生が過去に

この鳥を殺したことがあるようですが、

生き返ってきて復讐したということなのでしょうか!?

 

 

駿河先生は一体どんな人物だったのでしょうか?

謎が深まり、

グロくてキモい場面が満載ですが

覚悟して読んでみてください!

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

スポンサーリンク