読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

児童虐待の現実がリアル過ぎて愕然としたコミック『新・ちいsaiひと~青葉児童相談所物語~』。目を覆いたくなるような虐待の数々。

新・ちいさいひと青葉児童相談所物語
スポンサーリンク

 

 

前作に続き、再び青葉児童相談所のスタッフたちの奮闘記が描かれたコミック、

 

 

 

 

 

 

新・ちいさいひと~青葉児童相談所物語~

 

 

 

 

 

 

が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

この漫画で描かれているのは、実際にテレビのニュースや新聞で報道されている、

 

 

 

 

 

 

 目や耳を疑うような児童虐待事件の現実です。

 

 

 

 

 

 

 

⇒物語の詳しい内容はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

最近、児童虐待が激増しているというのをよく目にします。

 

 

 

 

 

 

貧困が原因ではないかといった見方も多々見かけますが、原因はそれだけに限らないのではないかと思います。

 

 

 

 

 


社会の中で、便利なコミュニケーションツールが増えている一方、人と人との現実的な関わり合いが如実に少なくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

他人や家族と正面切って思っていることをぶつけあったり、ケンカしたり、それは取っ組み合いに発展することも。

 

 

 

 

 


野生の動物は、赤ん坊の頃、ふざけてよく噛みあいのケンカをしますが、そういう経験によって傷つけてしまわない力の入れ具合を学びます。

 

 

 

 

 


では、他人との関係が疎遠になった人間の夫婦に、突然生まれた赤ん坊というものすごい距離の近い他人が混じって、

 

 

 

 

 

 

果たしてすべての夫婦が適応できるのかというと、やはり難しいと思います。

 

 

 

 

 

 

他人、それも赤ん坊や子どもほど、思い通りに動かない生き物はいません。

 

 

 

 

 


人間同士の距離感や、接し方、それに付随する感情の出し方などが未熟な夫婦が、

 

 

 

 

 

それよりももっと未熟な子どもたちと良好な関係を気づくというのは、かなり難しいと思います。

 

 

 

 

 

 

親になるための教育というものも今の世の中にはありません。

 

 

 

 

 

どんな未熟な夫婦でも子どもをつくることはできますが、親になるには、自覚、という漠然なものではなくて、

 

 

 

 

 

 

そのための教育という観点での啓もう活動が求められていると、改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

 

 

スポンサーリンク