読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

室井まさね作漫画『屍囚獄(ししゅうごく)』を読んでみたら真面目に怖すぎました。※ネタバレあり感想など気になる結末。

スポンサーリンク

 

 

こんにちわ。

 

 

 

 

 

漫画大好き主婦、ミポリンです。

 

 

 

 

 

 

とあるブログで紹介されていた、グロ系ホラー漫画、

 

 

 

 

 

 

屍囚獄  を読んでみました。

 

 

 

 

 

 

斧で人の頭が真っ二つに割れ目玉が飛び出したり、

首が異常に曲がって死んだり、両腕両足が切断されたり、

 

 

 

 

 

 

かなり気持ち悪いシーンが全面に出ていて、ただのホラー漫画どころではなく読むのを途中で止めそうになりました。

 

 

 

 

 

 

⇒詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

 

 

 

この話に舞台は、女子が600年もの間生まれていないという不気味な八坂村という廃村寸前の村です。

 

 

 

 

 

 

そしてこの村には600年前から続いている、

 

 

 

 

 

 

女の両腕両足を切断しその肉を食べ、

何度もレイプし子供を産ませ、

死んだら捨てる・・・

 

 

 

 

 

 

という忌まわしい風習が残っていて今もそれが行われているのです。

 

 

 

 

 

 しかも生まれてくる子どもが何故か男ばかりで、いつしか村人たちは祟りとして恐れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

大学の民俗学の研究のため、何も知らずにやってきた女子大生たちと教授が、

 

 

 

 

 

この村人たちの生贄となり、土砂崩れが起き完全に閉鎖された空間の中での恐怖は

半端じゃない怖さです。

 

 

 

 

 

また女が生まれていないと言いながらも、八坂村の村長の寝たきりになっている奥さんや、

 

 

 

 

 

 

うずめと呼ばれている時々でてくる可愛らしい少女が何故生き残っているのか謎が多いです。

 

 

 

 

 

 

グロテスクで気持ち悪いシーンが多く出てくるので読む際は注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

スポンサーリンク