読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

背筋も凍るサスペンスホラー漫画『屍囚獄』無料4巻気になる結末※ネタバレ。|【完全に閉鎖された村で女子大生が惨殺されていく怖すぎる漫画。】

スポンサーリンク

 

 

”この村から逃げろ・・・

さもないとみんなウズメにされる・・・”

 

 

 

 

 

 

民俗学の研究のため、謎が多く八坂村にやってきた女子大学生7人が、

 

 

 

 

 

 

村人たちによって次々と友達が目の前で惨殺され、

 

 

 

 

 

 

極限の恐怖で気が狂い、友達を平気で殺していくヤバい漫画、

 

 

 

 

 

 

屍囚獄。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

大学の単位目的で何も知らずにやってきた女子大生たち。

 

 

 

 

 

 

恐怖に怯えながらも、彼女たちは村の異常さに徐々に気付いていきます。

 

 

 

 

 

 

この八坂村は、100年以上も前から女の人がいません。

 

 

 

 

 

600年前・・・ この村は元々閉鎖的で近親婚が多かったためか女子の出生率が極めて低く、

 

 

 

 

 

それが度重なる飢饉と疫病によってついには女子が一人もいなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 そこへ飢えと疫病に追われた一組の夫婦が村を訪れてきました。

 

 

 

 

 

村人たちは皆で男を殺して食べ、女をレ〇プしました。

 

 

 

 

 

 

女は男たちの性処理の道具として生かされていましたが食糧が尽きてくると、

 

 

 

 

 

 

生きたまま女の両腕、両足を切断し食べていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

女が死ねば近隣の村から女を連れてきては皆で共有し、

 

 

 

 

 

切断しダルマ状態となった女を男たちは何度も犯し、何度も子どもを産ませていました。

 

 

 

 

 

しかし生まれてくる子どもは何故か男ばかり・・・

 

 

 

 

 

 

その切断された切口から蛆虫が湧いてくるため、

 

 

 

 

 

 

 

男たちは蛆女(うじめ)と呼び、100年200年経っても女子が生まれることが無かったため、

 

 

 

 

 

 

村はそれを ” 蛆女の祟り ” だと考えたのです。

 

 

 

 

 

 

その後600年間もの間、結局女が生まれることがなかったため今でも女狩りを続けざる負えないのです。

 

 

 

 

 

 

村の男たちはウズメ小屋と呼ばれる場所で女の両腕、両足を切断し犯すということが今も行われている・・・

 

 

 

 

 

 

そんな恐怖の風習が残る村にやってきた女子大生たちの運命は・・・?

 

 

 

 

 

 

 ⇒無料試し読みはコチラ

 

 

スポンサーリンク