読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

ギフト±(プラスマイナス)漫画6巻51話ネタバレ|【鈴原環ちゃんの生誕の謎が遂に暴かれる!】

スポンサーリンク

 

 

こんにちわ♪

 

 

 

マンガ大好き主婦、ミポリンです。

 

 

 

1巻を読んだ日から話の続きが気になってしまって、

 

 

 

 

ハラハラドキドキしながら物語の展開を楽しんでいます!

 

 

 

 

社会に埋もれた裏の臓器売買という斬新で危ない雰囲気にハマってしまった漫画、

 

 

 

 

ギフト±

 

 

 

待望の6巻が発売されたので早速あらすじを紹介します🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

漆黒の臓器売買ミステリー、「ギフト±」は、

 

 

 

 

電子書籍サイトまんが王国で読むことができます。

 

 

 

 

1巻が無料で全部読めてしまうので、物語の序章を読んでみたい方は是非チェックしてみてください!

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「ギフト±」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

第51話 夢

 

 

 

 

 

「へぇ・・・ あなた琢磨君っていうんだ・・・。

 

この病院の子だよね?

 

琢磨くんも将来お医者さんになるんだ・・・」

 

 

 

 

英琢磨が幼き日に叔父が運営する英医院で出会った、入院中の真琴という女の子。

 

 

 

 

真琴の笑顔に惹かれ真琴を必ず治すと誓った・・・。

 

 

 

 

琢磨はそんな昔の出来事の夢を見て目覚めました。

 

 

 

 

真琴という女の子は、大財閥の極秋会が運営する極秋会病院から英医院に移ってきましたが、

 

 

 

 

そしてある日、あっけなく死んでしまったのでした。

 

 

 

 

それから十数年後、英医院の医者になった琢磨の前に、

 

 

 

 

真琴と同じ顔を持つ少女、鈴原環ちゃんが現れたのです。

 

 

 

 

琢磨は真琴そっくりな環ちゃんを見て、環ちゃんへ感情移入せざる負えませんでした。

 

 

 

 

その環ちゃんは未だ見つかりません。

 

 

 

 

捜査を依頼していた元刑事で探偵の阿藤圭介が、

 

 

 

 

臓器の密売組織のチャイニーズマフィアとの抗争に巻き込まれて亡くなった今、

 

 

 

 

誰かに頼んで環ちゃんを探してもらうわけにはいきません。

 

 

 

今の琢磨には環ちゃんの無事を祈るしかできないのです・・・。

 

 

 

 一方、連続幼女誘拐殺人事件の真犯人が茂田という男と断定し、

 

 

 

事件の真相を新聞記者の廣瀬と探っていた桜田警部は、彼の戸籍を確認するべく市役所を訪れていました。

 

 

 

市役所で茂田の戸籍を調べたところ、彼はこの世には存在しないしないことになっていました。

 

 

 

つまり20年の間に起きた、5件の幼女誘拐殺人事件の真犯人などこの世にいないということ・・・

 

 

 

そして、阿藤が言っていた、

 

 

 

 

「奴らは人身売買や臓器売買を握り潰せるほどの、

政府や警察のお偉い方と繋がっている・・・。」

 

 

 

 

と更生が望めない元犯罪者たちを ” クジラ ” と称し、

 

 

 

その臓器を抜き売買している組織のこと・・・。

 

 

 

茂田の部屋の異常なほどの片づけ方はプロの仕事・・・

 

 

 

 

桜田は、クジラは茂田だけではなく必ず他にもいると確信するのでした。

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「ギフト±」で検索すると出てきます。

 

スポンサーリンク