読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

楽天市場 漫画ネタバレ気になる結末|【人の欲望を満たすヒット商品がヤバい!!】

スポンサーリンク

 

電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

依存度100%の商品を売り出すネット通販サイトがテーマのマンガ、

 

 

 

楽園市場

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「楽園市場」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

あらすじと感想。

 

 

 

 

漫画の表紙のインパクトがかなり強烈ではあります。

 

 


表紙に書いてある様に楽園市場が取り扱う商品は “幸せの裏道具” です。

 

 

 

話自体は基本1話完結なので読みやすく1話ごと出てくる夢のアイテムとそれを購入する人間は違います。

 

 


それぞれの人が望む願いを叶えてくれる夢のアイテムですが、

 

 

 

 

それを利用する人々の結末は必ずしも幸せにはなりません。

 

 

 

 

1話では、田中実という女性と付き合ったことのない男性が楽園市場で、

 

 

 

“夢枕”という商品を購入します。

 

 


夢枕は好みの夢を体験できるというものです。

 

 


夢の中では見た目も変わりモテモテになり田中はどんどんハマっていってしまい、

 

 

 

そして夢の中で出会った女性に会うために毎日夢枕を利用してしまいます。

 

 


しかし、夢枕の使用時間は1週間に1度と説明書には書いてありました。

 

 


最初は少しいい思いをしたいくらいの気持ちだったのかも知れませんが、

 

 

 

いい思いをするほどに欲望は膨らみ欲のままに夢枕に田中は溺れていきます。

 

 


その結果田中は現実の世界では廃人になってしまう・・・ という結末を迎えます。

 

 


廃人になったとしても夢を見続けていられるのであれば、

 

 

 

もしかしたら田中は幸せなのかも知れません。

 

 


でももし説明書通り週に1度しか使わなかったら、どうなっていたのか気になります。

 

 

 

こんな感じに楽園市場に売っているアイテムは全て夢のようなものばかりですが、

 

 

 

それらには使用ルールがあります。

 

 

 


しかし欲望にまみれてしまった人々は夢のアイテムを正しい使用ルールで使う事はせず、皆悲劇的な結末を迎えます。

 

 

 

自分だったら上手く使えると思ってはいますが、実際使用したらどうなるかはわかりませんね。

 

 

 

⇒まんが王国

※「楽園市場」で検索すると出てきます。

スポンサーリンク