読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

漫画「アポカリプスの砦」を読んだ感想。ゾンビパニック系好きの方にもってこい! 

スポンサーリンク

 

こんにちわ!

 

 

 

マンガ大好き主婦、ミポリンです🎵

 

 

 

 

電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

パニック系の作品が好きな私には、大好物な作品、

 

 

 

 

アポカリプスの砦

 

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「アポカリプスの砦」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

アポカリプスの砦を読んだ感想。

 

 

 

 

少年院に入れられた主人公・前田義明を筆頭に、

 

 

 

感染者達から逃げるって王道なストーリー。

 

 

 

とにかく絵が丁寧で、作品として本当に好きな作品です🎵

 

 

 

毎回、異形なゾンビがわんさかでピンチを切り抜けていくわけですが、

 

 

 

主要メンバーの戦闘能力や頭脳がめちゃくちゃ高いです!

 

 

 

中でも異色すぎるのは、岩倉剛のゲリラ団で鍛えられてたって設定とか、

 

 

 

ノイマンが天才過ぎるところとか、義明がボコールの能力を都合よく手に入れるのとか、

 

 

 

私は好きです!

 

 

 

終盤で、義明がりっくん操ってボコールのところに泳いでったり、

 

 

 

岩倉君もあんなピンチから生き残るし、

 

 

 

結構ご都合主義で進んでいったけど、みんなに助かってほしい私としては、ドキドキしながら読んでしました。

 

 

 


ゾンビのキャラで印象が強いのは犬型ゾンビで、

 

 

 

 

「きゃはは!」って笑いながら来られたら、さすがに本当怖すぎます・・・

 

 

 

 

でも、閉じこめられても、囲まれても、どんな困難が立ちはだかろうと、

 

 

 

 

毎度毎度主要メンバーはなんだかんだ回避していく男たちの姿にグッときたり、ホッとしたり。

 

 

 

 

ノイマンの最後は、アルマゲドンのブルース・ウィルスを連想させるくらいズルくて泣けました。

 

 

 

パニック系の終り方として、宇宙人系だとどこにでもありそうで残念な感じですが、

 

 

 

 

この作品は希望を残してくれる終わり方で、最期まで私好みの作品でした🎵

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「アポカリプスの砦」で検索すると出てきます。

 

スポンサーリンク