読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

喜びの歌 漫画ネタバレ|【老老介護の末の焼身自殺・・・号泣間違い無しの夫婦とは何かを再確認した物語。】

スポンサーリンク

 

こんにちわ。

 

 

電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

よろこびのうた

 

 

 

 

で号泣してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「よろこびのうた」で検索すると出てきます。

 

 

 

あらすじ

 

 

 

毎朝新聞の記者である伊能順一は、

 

 

 

2006年3月北陸のF県勝野市郊外の田舎町で起きた、

 

 

 

老夫婦、青木真さん(79歳)、青木和子さん(81歳)

 

 

 

の焼死体が火葬場から見つかった事件を追っていました。

 

 

 

火葬場脇に乗り捨てられた自家用車からは当日の様子を書き記したメモ、

 

 

 

そして自宅からは遺言書などが見つかりました。

 

 

 

数年前から和子さんが認知症と糖尿病を患い家事も介護もすべて真さんが引き受けて
いたとの事。

 

 

 

当時、ネット上では事件のスレッドが立ち、

 

 

 

TVのニュースでは毎日のように取り上げられ、

 

 

 

 

老老介護の問題を浮き彫りにするような事件として、日本中の人々がこの悲惨な出来事に注目していました。

 

 

 


順一がその事件の取材を担当することになったのは、

 

 

 


その半年後のことでした。

 

 

 


結婚式が4ヶ月後に迫り、

 

 

 

タキシードもまだ決まっていないと彼女から催促されますが、

 

 

 

順一は式はどうでもいい様子・・・。

 

 

 

その様子を察した彼女から週末までには帰ってくるようにと釘を刺されます。

 

 


そして訪れた北陸F県勝野市。

 

 

 

順一はまず事件の概要と当時の様子を探るべく、

 

 

 

勝野警察署に向かいます。

 

 

 

しかし、小さな町で起きた事件が全国規模で大きく取り上げられたため、

 

 

 

肩身が狭くなった遺族から事件に関する資料の公開をしないよう申し出があり、

 

 

 

報道以上の内容を探ることができませんでした。

 

 

 

警察側ももう終わっている事件だし・・・と表情曇らせます。

 

 


警察を出た順一は、近所に聞き取り調査をしようと片っ端から訪問していきますが、

 

 


門前払いは当たり前で、終いには水をかけらえれる始末です。

 

 


小さな田舎町で起きた事件の調査に、

 

 

 

最初から大きな壁が立ちはだかるのでした・・・

 

 

 

⇒まんが王国
※「よろこびのうた」で検索すると出てきます。

スポンサーリンク