読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

ぬけぬけ男でいよう 漫画1巻9話 あらすじ・ネタバレ|【妻の浮気疑惑が再浮上。そして夫はゲス不倫を繰り返す。】

スポンサーリンク

f:id:tmgetoshi:20160909195824j:plain

 

 

 

 

マンガを読む時に利用している電子書籍サイト、

 

 

 

まんが王国の中で最近ハマっている、

 

 

 

 

夫と妻の不倫をテーマにした夫婦として男女としてのリアルな生活が描かれているマンガ、

 

 

 

 

ぬけぬけと男でいよう がかなり面白いので、

 

 

 

 

このブログが最近、この記事ばかりに偏った感じになっていますが、

 

 

 

 

どうかお付き合いください♪

 

 

 

 

 

 

 

 まんが王国では購入前に無料で試し読みできるのでチェックしてみてください。

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/entry/2016/01/21/153711

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「ぬけぬけと男でいよう」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

1話~8話のあらすじ

 

 

 

 

株式会社電鳳堂のメディア事業部で働くサラリーマン十布(とぬの)。

 

 

 

十布は元舞台女優である美しい妻と、1人娘の橘香(きっか)ちゃんと暮らしていますが、

 

 

 

萌実という浮気相手がいました。

 

 

 

萌実と会う時は特に服についた匂いを気にしていた十布ですが、

 

 

 

妻は彼の浮気を鋭い嗅覚で見抜き十布を追い詰め、

 

 

 

十布の帰宅が遅いことがストレスで橘香ちゃんが心療内科に通院するようになった事もあり、萌実と連絡も会うことを止めます。 

 

 

 

 

そんなある日、小劇場で妻は橘香ちゃんと一緒に舞台で親子役の仕事を薦められます。

 

 

 

 

妻が仕事を引き受けた舞台は、アングラ劇場で有名な北沢砂肝劇場。

 

 

 

 

劇場で仕事は娘にとってストレスなると反対する十布に対し、

 

 

 

妻は浮気をしていた人が父親ぶっているのはどうかと口論となり怒りが収まらず部屋に戻った十布は、

 

 

 

思わず本棚に足をぶつけてしまい本が崩れ落ちます。

 

 

 

 

その中に、表紙が家計簿でカムフラージュされた、妻と思しき女性が明らかに自分ではない舞台関係者らしき男性との交換日記を発見します。

 

 

 

 

その交換日記の中では、学生同士ではない大人と大人の言葉が交わされていたのです。

 

 

 

 

十布は交換日記を発見してしまった事を妻には言わず日常を過ごし、

 

 

 

 

結局妻と橘香ちゃんの小劇場での仕事を了承します。

 

 

 

 

その日を境に、妻は毎日ご機嫌でまるで新婚の時のような笑顔で振る舞う事にその後ろに男性の影を感じながらも、

 

 

 

妻との男女の関係を修復させようとします。

 

 

 

しかし、ある朝十布が橘香ちゃんの飲んだココアの中に虫が入っていることを何気なく妻に注意したところ、

 

 

 

 

何故かその注意に逆上しなぜ自分を責めるのかと涙を浮かべて十布に訴えるのでした。

 

 

 

 

朝から妻の涙の訴えに不信感を抱きつつ出勤したその矢先、

 

 

 

 

それに追い打ちをかけるように萌実から「会いたい」というメールが届くのでした・・・。

 

 

 

 

 詳細はコチラから☟

 

tmgetoshi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

第9話  edgy

 

 

 

 

 

萌実と会う事が億劫になっている十布でしたが、嫌々ながらも萌実と食事に行きます。

 

 

 

 

 

十布は、橘香ちゃんの体調が良くないため、

 

 

 

 

なるべく自宅にいる時間を増やして橘香ちゃんといる機会を作ることが大事だと、再び萌実と別れる事を伝えます。

 

 

 

 

 

それに対し萌実は、十布が妻の方が良くなったと泣きながらワインを一気飲みし始め、今夜は一緒にいてほしいと訴えます。

 

 

 

 

 

高額なワインをボトルごと一気飲みされ、周りにいる店のお客から白い目で見られ、最後の晩餐のつもりがとんだ事態を招いてしまいます。

 

 

 

 

その夜、自分へのご褒美として十布は萌実と一夜を共にし、

 

 

 

 

橘香ちゃんとお風呂に入ろうとしますが舞台本番が近いと妻は先にお風呂を済ませます。

 

 

 

 

自分の唯一の楽しみである橘香ちゃんとのお風呂タイムを奪われた十布がイライラしながら寝室へ向かいます。

 

 

 

 

「アングラな小劇場で舞台なんて、子供の教育上良くないに決まっている。やっぱり断っておくべきだった。 あの時は妻の日記のせいで頭が混乱して・・・」

 

 

 

 

 

はっ・・・!!

 

 

 

 

と日記の存在を思い出した十布は再び日記をみようと本棚を探しますが、

 

 

 

 

 

そこにあるはずの日記が消えていたのです・・・

 

 

 

 

物語の続きはコチラから☟

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「ぬけぬけと男でいよう」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク