読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

空への手紙 漫画 1話あらすじ | 病院内学級3人の生徒たちと先生のドラマ。

スポンサーリンク

こんにちわ♪

漫画大好き主婦、ミポリンです。

 

 

 このブログでは、主に個人的によく利用している電子コミックサイトまんが王国 の中で、感動したもの、泣けたもの、ちょっと引いた作品などを紹介しています。

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

 

 

 

 

 

今回紹介する漫画は、 空への手紙  です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院内学級の担任として

 

 

 

 

 臨時採用教師として学校に赴任している主人公・大空陽子は、ある日校長室に呼ばれ、

 

 

 

 

病院内学級の担任として正採用される事になります。

 

 

 

 

 

病院内学級とは大学病院の中にクラスを持つ分校ならぬ、分級のことで、全国的にも珍しい入院生活が長く授業が受けられない子供たちのために病院の先生と協力しながら授業を行う学級のことを言います。

 

 

 

 

正採用になり、自分のクラスを持つという夢を掴むチャンスではあるものの、病院内学級は複々式学級という1年生から6年生までを同じ教室内でみるし病気を持っている生徒たちへの気配りが大変という事が気ががりでした。

 

 

 

 

生徒数3人のクラス

 

 

 

陽子が任されたのは、生徒数3人の「たんぽぽ学級」。

 

 

 

遠山 勇(とおやまいさむ) 

 

 

東 修平(あずましゅうへい)

 

 

栗田 明美(くりたあけみ)

 

 

 

3人それぞれの個人ファイルが手渡されました。

 

 

 

その中には、その生徒のいままで通っていた学校の学級新聞のコピーが入っていました。

 

 

 

病院内学級は生徒達がもとの学校にもどるまでの場所。

他の生徒たちと共有の時間、共通の話題からはずれたとき子供たちの孤独は想像以上、病院内学級に通いながらも以前の学校との連絡を欠かさないようにしておき、できるだけ子供たちに見せるようにしているのです。

 

 

 

病院内学級は、子供たちと子供たちをつなぐ ”橋”。

 

 

 

 

 3人の生徒と陽子の魂の授業が始まります!

 

 

 

 

 続きはこちら・・・

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「空への手紙」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク