読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

のんちゃんの手のひら あらすじ | ダウン症の子を出産した家族の奮闘記

スポンサーリンク

 

こんにちわ。

漫画大好き主婦ミポリンです♪

 

相変わらず電子コミックサイトまんが王国で漫画を読んではブログを書きつづっています。

 

 

⇒まんが王国

 

 

 

今回紹介するのは、金子節子さんの作品、

 

 

のんちゃんの手のひら」という物語です☟

 

 

 

 

 

 

 主人公・歯科医の安達和也とその妻・有希は結婚6年目。

 

 

有希はホルモンのバランスが悪く卵管、頸管粘液にも問題を抱えていて妊娠しにくい体質のせいか不妊治療を続けているが、なかなか子供に恵まれずに悩んでいました。

 

 

 

 

追い打ちをかけるように、義母・燿子からは「外孫ばかりで、内孫が無いってのは・・・」

 

 

と「早く子どもを産め」と遠回しのプレッシャーをかけられる始末。

 

 

そして、3年間の不妊治療の結果大望の赤ちゃんを授かります。

 

 

しかし・・・

 

 

何気なく受けた血液検査の結果赤ちゃんが「ダウン症」の可能性が高い事が判明します。

 

 

 

ダウン症

 

 

医学的には「ダウン症候群」・・・

 

 

体内の21番染色体が通常2本あるところ、3本あることにより精神発達の遅れや、特徴的な顔貌、多発奇形を示す症候群です。

 

日本では新生児1000人に1人の割合でみられ、母親の年齢が高くなるほど出生頻度も高くなり、近年の高齢出産の増加に伴い頻度は高くなりつつあります。

近年、芸能人が自らの子供がダウン症である事をカミングアウトしていたりと良くこの言葉を聞いたり見たりします。

 

 

 

医師からは、堕胎という選択もあると打診されますが、有希は出産を決意します。

 

 

 

ダウン症と聞いて、おそらく多くの人が知的障害のようなマイナスなイメージを持っていると思いますが、実際にはほとんど知的に問題がない人もいるそうです。

 

 

 

ダウン症」で何が大きな問題かと言うと、具体的な治療法が無いという事なんです。

 

 

この漫画は「 Jourすてきな主婦たち」で連載されていて、当時から子育て中の主婦から絶賛され大反響があったそうです。

 

 

 

同じ境遇の人、また子育てに悩んでいる人に是非読んで欲しい作品です。

 

 

⇒まんが王国

 ※「のんちゃんの手のひら」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク