読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミポリンの漫画ネタバレブログ♡

スマホでマンガが読める便利な電子書籍サイトで読んだ色んな作品をどんどん紹介していきます♪

スポンサーリンク

原作・住野よる『君の膵臓を食べたい』上巻4話あらすじ|【死への恐怖を必死にこらえる桜良の姿に涙腺崩壊】

「死ぬのは怖い」

死に直面した時、誰だってそう思うはずです。

どんなに明るい人でも怖いのは当然です。

ヒロインの「死」から始まる物語、

君の膵臓を食べたい

不死の病におかされながらも天心爛漫に振る舞い、

誰からも愛される、誰もが明るいと思うであろうこの物語のヒロインが「死ぬのは怖い」と言えない辛さは想像以上です。

「一緒にいるのが楽しい」と少年が言った時の少女の喜びが少年に解るのはまだまだ先のようです。

 

この漫画は、電子書籍サイトのまんが王国で、

冒頭の部分を無料で試し読みできます。

涙無しでは読めない内容なので、心のデトックスに是非読んでみてください。

 

⇒まんが王国

※「君の膵臓を食べたい」で検索すると出てきます。

 

 

4話あらすじ

 

 

桜良の死を自覚して落ち込む少年がお風呂から出ると、部屋には大量のお菓子とジュース、お酒があります。

高校生2人はお酒を飲みながら数字が大きい人間が勝ち、負けた人間は真実か挑戦かを選ぶゲームを10回することになります。

真実は相手の質問に答える、挑戦は相手の指示に従うゲームですが、いきなり少年は負けます。

降りられないゲームの最初の質問は「うちのクラスで誰が1番可愛いと思う?」挑戦を選べば何をさせられるか解らないと考えた少年は、

数学が得意な子ヒナと答えます。

2回目も負け「見た目では私は何番目?」と質問され、「3番」とお酒を飲み、いきおいで答えます。

質問しておいて照れまくる桜良との勝負はまだまだ続きますが、

3回目は少年が勝ち「どんな子供だった?」と質問します。

4、5、6、7、8回目も勝ち続け、幼少期、趣味、尊敬する人、長所と短所、辛かったことをお酒を飲みながら聞いていきます。

自分と正反対な人間が出来上がった理由を知るための面接みたいな質問に桜良は怒りますが、9回目は勝利します。

酔いが回ってフラフラしている桜良は真実なら「私の可愛いところを3つあげる」挑戦なら「私をベッドに運んで」と言います。

 

⇒続きはコチラから

アニマルモンスターパニック!漫画『ジンメン』カトウタカヒロ 1巻あらすじと感想は?|【不気味な人面動物たちが人々に襲いかかるヤバい話。】

ペット愛好家のブログ管理人、ミポリンです♡

動物好きな人にオススメ・・・とは言い難いのですが、

一昔前、人面魚とか人面犬とか人面ブームがありましたよね。

時代と共に忘れ去られていた、そんな人面モンスターたちが大暴れする漫画、

 

ジンメン

 

 

 漫画『ジンメン』は電子コミックサイトのまんが王国で、

物語の冒頭部分が無料で試し読みできます。

妖〇ウォ〇チの人面犬のような、あまいものではないのでご注意ください・・・。

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

ジンメン1巻読んだ感想は?

 

 

絵が上手だからなのか、動物に襲われるシーンや追ってくるシーンは緊張感や緊迫感が伝わって、

マンガを読むというよりも映画を見ているような感覚になりました。

ただでさえ、地獄のような状況にも関わらず、どうやら感染もするようで今後の展開が気になります。

感染系のマンガはゾンビでよく見られますが、動物の感染は珍しいと思いました。

動物達は人間を恨んでいるようですが、動物を救いたいと思っているマサトの願いは叶うのでしょうか。

⇒まんが王国

 

 

あらすじ

 

 

7年振りに故郷に帰ってきた主人公「マサト」は、100種類以上の動物がいる不二サファリワールドに遊びに行きました。

それは、親友である象「ハナヨ」との再会を果たすため。

無事に「ハナヨ」と挨拶を交わすことができた「マサト」は、

付き合いの長い飼育員の「中田さん」から園長が交替したことにより、方針が変わり動物達が職員を警戒するようになったことを聞きます。

翌日、幼馴染の「ヒトミ」と不二サファリワールドを訪れた「マサト」は、

動物達が一匹もいないことを不思議に思います。

すると、突然悲鳴が。なんと人間が動物に襲われていました。

異変を感じとった「マサト」と「ヒトミ」は「中田さん」を探すために、「ハナヨ」の檻に向かいます。

しかし、そこで見たものは、

「中田さん」の顔をした「ハナヨ」。

「マサト」、「ヒトミ」、「中田さん」は様々な人面動物達に襲われながら、

命からがら動物園を脱出をしますが、これが地獄の幕開けとなったのです・・・。

 

⇒続きはコチラから

 

漫画『無職強制収容』2巻ネタバレと感想。3巻の展開予想!

こんにちわ!

無職の専業主婦、

ブログ管理人のミポリンです。

この間読んで、このブログでも紹介した漫画、

無職強制収容

無職の私が読んでしまいましたがw

近い将来、日本がこの漫画みたいなことなるかもしれないと想像して、

ゾッとしました。

 

tmgetoshi.hatenablog.com

 

今回は続きの2巻を購入してみたので紹介します!

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

2巻読んだ感想は?

正直、いい意味で予想を裏切る展開でした。

施設では軍事訓練が行われていたので兵士として戦いに駆り出されるのかと思っていましたが、

まさか逃走した無職者への対応のためだったとは。

しかし、予想を上回る展開が期待できる作品なので、それ以上の意味を持つようになるかもしれないと思いました。

1巻同様に謎が多く、脱出計画の中心となった「真淵準」や逃走した無職者が口走った「RATS」や、スリーパープロジェクト、ラストに出てきた骨・・・

次々に出てくる謎に、読めば読むほど引き込まれる作品だと思いました。

⇒まんが王国

 

2巻あらすじは?

「非労働者再生法」によって再生処置ではなく、強制労働の執行が申し渡された「神条達也」。

それにより訓練施設に連行されますが、そこは恐怖と洗脳によって統制された施設でした。

何名もが自我を失っていく中で「神条達也」を含む4名(他1名)は自我を保ち、脱出の計画をたてます。

もともとは自衛隊の施設だったため、監視設備もゆるく塀も低い。

収容所には全く向かない建物ですが、ではなぜこの場所が収容所なのでしょうか。

それは、恐怖と洗脳によって脱出者がいなかったためです。

「神条達也」を含む4人は、野外射撃の訓練の際に脱出を決行することを決断します。しかし「速川ショウ」によって計画が乱されて結局脱出は失敗に終わってしまうのでした。

その後、無職者を再生させる「労働者再生機構」の職員となった「神条達也」。

ある日、自宅にある荷物が届きます。

それは何と人間の骨だったのです・・・。

 ⇒続きはコチラから

【ネタバレ・感想など】漫画『無職強制収容』1巻 コミなびで無料試し読み。

こんにちわ!

漫画大好き主婦、ミポリンです。

相変わらず怪しい内容の漫画ばかりに惹かれ読んでいるのですが、

無職の私がつい反応してしまった漫画が、

無職強制収容 です。

 

 

この漫画は、電子書籍サイトのまんが王国で無料試し読みできます。

⇒まんが王国

 

読んだ感想は・・・?

 

無職者という現代の問題点を取扱いながらも、

人権が全く尊重されておらずインパクトのある世界観です。

作中にもあるように、

強制労働者たちは銃を撃つ練習などの軍人訓練を行いますが、

今後どこかに兵士として送り出されるために連行されたのでしょうか。

そして、ラストに「神条達也」の彼女が登場しますが、

その言葉の意味とは。

様々な登場人物に謎が多く、

どのように解かれていくのか今後の展開に期待の作品です。

近い将来日本はこんなになってしまうかもな~なんてほんのり考えてしまってゾッとしました。

無職の方、そうでない方も是非読んでみてください。

⇒無料試し読みはコチラから

 

1巻あらすじは?

 

2022年「非労働者再生法」が制定。6ヶ月を超えても一定の収入を得られない無職者を対象としており、対象者の記憶を抹消し労働意欲と高い専門知識を持った「再生者」に変える法律です。
主人公「神条達也」は、可愛い彼女がいるエリートサラリーマン。

そんな「神条達也」は、同僚からある忠告を受けます。

それは、最近入社した「高木純也」が新しいタイプの再生者であり、その「高木純也」が「神条達也」の過去の投資報告書を見ていたというものでした。

たいして気に留めていなかった「神条達也」でしたが、高木の策略により突然の解雇が言い渡されます。

さらには、貯金額がゼロになり次の仕事も決まらない。

とうとう6ヶ月が経ってしまい、再生処置の覚悟を決めた「神条達也」。

しかし、再生処置ではなく「強制労働」の執行が申し渡されました。

その後「神条達也」を始め、何名もが訓練施設に連行されますが、

洗脳効果のある薬を飲ませたり、拷問のような訓練が行われたりと、そこは強制労働者を家畜扱いしている異様な空間でした。

この環境により自我を失っていく強制労働者たち。

しかし、「神条達也」を含め5人は自我を保っていたのです。そして脱出を試みるのでした・・・

 

⇒続きはコチラから

現代社会に訴えたい!漫画『報復刑』1巻ネタバレと読んだ感想は?

こんにちわ!

ブログ管理人のミポリンです。

今回は先日、とあるブログを読んでから気になってしょうがなかった漫画、

報復刑 を紹介します。

f:id:tmgetoshi:20170228113220j:plain

⇒紹介されていたブログはコチラ

 

この漫画は、電子書籍サイトのハンディコミックで、

冒頭部分を無料で試し読みできるので是非読んでみてください。

内容に衝撃を受けますが、現代社会の不条理に対して問いかける内容になっていて、

1つ1つのエピソードが濃いものとなっています。

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

『報復刑』衝撃のあらすじは?

 

20××年。死刑制度が廃止され、変わりに制定されたのは「報復刑」でした。

報復刑とは、殺人罪で有罪となった加害者を遺族が自ら裁くという制度です。

娘や夫、大切な人を殺された遺族たち。悲しみの淵にいる遺族にとって、

果たして報復刑は希望となるのでしょうか・・・。

⇒ハンディコミック

 

 読んだ感想は?

 

一話完結のマンガですが、どの話も考えさせられる内容でした。

殺人というのはニュースで見るくらいであまり身近ではありませんが、

大切な人を殺された遺族にとって一度は「報復」をしたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

私も、多分大切な人が殺されてしまったら報復刑を自分の希望と思うかもしれないです。

しかし、自分が殺されても決して遺族には報復刑など望まない。

それは、この作品にもあるように報復刑を執行することが遺族の救いになるとは限らないからです。

「報復1」で息子を殺された父親が報復刑を執行するのですが、その末路は何とも言えない気持ちになりました。

また、どの話にも共通しますが、報復刑を執行する遺族の表情が頭に残りました。

それは、まさに正義の名のもとにある殺人鬼。

大切な人のかたき討ちをしたい遺族の気持ちもわかるし、だからと言ってやっていることは結局は犯罪だと思う気持ちもあり、結論が出ない難しい題材を扱った作品だと思いました。

この作品が最後にどのような結論を出すのか気になります。

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

【ネタバレ・感想】漫画ストーリーな女たちシリーズの傑作『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~』

こんにちわ!

漫画大好き主婦、ミポリンです。

ブサイクな顏だからという理由で、自らの精神を崩壊させられ、愛する家族をも死に追いやったクラスメイトたちに整形手術で顏を変え、

復讐に燃える女性の物語、

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~

を読んでみました。

 

f:id:tmgetoshi:20170227124205j:plain

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

 

読んだ感想は?

 

凄い考えさせられる話でした。
冒頭は顔が醜いだけでそこまでしなくても良くない?何も悪いことしてないよね?と言いたくなるほどひどいいじめです。なぜいじめを指示していたのかリーダーであるご令嬢の真意は未だわかりません。ハナは成績優秀で確かに彼女がいる限りリーダー格の子は2位だったのかもしれませんがそれだけが原因ではないような気がします。
むしろ、淡々としすぎて代わりに暴力や嫌がらせをやっていた子達もきっと、彼女の真意は分かってないでしょう。
ただ、【指示されているから】という免罪符でどんどんエスカレートしていった彼女達がハナの乗った船が沈んだことに怯えたのは一瞬で、その後は目の前に来ないと思い出さなかった。というのがリアルだなと思いました。
いじめた側は何も覚えていなくて、いじめられた側は一生恨む。そして報復された時に初めて思い出す。
でもよくある復讐ものとは違うのは主人公であるハナは心優しいところがまだ残っているところです。最初は徹底的に標的も潰していたハナが、助けてくれていた看護師が、もう止めないか?と進言されるのを拒絶する癖に自分自身迷ったりするのが見ててハナがどれほど優しい女性なのかを教えてくれます。
逆にどんどん追い詰められてるはずの絢子が気づいていそうなのに何も表情を変えないところが怖いです。本当に読んでても何を考えているのかわかりませんので今後ふたりがどうやって対決するのか。また何故そもそも絢子がハナにいじめをしたのか始まりがなんだったのか凄く気になる作品でした。

⇒無料試し読みはコチラから

 

あらすじは?


 「これで私の顔を美しくしてください。お願いします」

闇医者だが腕が良いと評判の外科医の元へ1人の女がやってくる。金額よりも理由を聞かせて欲しいと言う医者に対し依頼してきた女、ハナは語る、

自分の悲惨な人生を。
生まれ育った樺太で顔が醜いからと女学院で苛められる毎日を。


ハナをいじめていたリーダー格は樺太で一番の製紙会社を経営している一族令嬢高嶋津絢子。
冷酷に淡々と指示する絢子の命令で靴を兎の血まみれにされたりお弁当に虫を入れられたりされて残虐な仲間に日々怯えていたがひたすら耐えていたハナを襲う悲劇。

なぜ、顔が醜いからといってここまでされなければいけないの?

優しい母親と弟を失ったハナは、復讐を決意する。
美しく生まれ変わったハナは成長したかつて虐めていた同級生達に会いに行く。

若女将、農家、美人で評判のウェイトレスと彼女達はそれぞれの人生を過ごしていた。昔を思い出し、女学院時代はきらきらしていて楽しかったと嘆く彼女達にハナはそっと忍び寄る。

「復讐は必ず果たす。特にあの女だけは生かしてはおけない。」

ハナの復讐は続いていく・・・。

 

⇒続きはコチラから

『君の膵臓を食べたい』3話あらすじ。|【化粧ポーチいっぱいに入った無数の薬。短い命と知りながら明るく振る舞う桜良に少年は・・・】

 

 

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

3話あらすじは?

 

 

福岡観光の途中、桜良と少年が立ち寄った茶屋で、

自分の不注意になのに無理難題を言うクレーマー女性客に出くわします。

それに対して、桜良は割って入ります。

傍観者である自分が絶対しないことをする姿を見て、

「君がいなくなったら1人になろうと・・・」と想いながら、

彼女の望む観光を続けます。

予約してある豪華なホテルにつきますが、別々の部屋が手違いでスイートルームになっています。

大きなベッド、ジャクジー付きバス、夜景がキレイな部屋で桜良は大はしゃぎですが、

少年は憂鬱です。

お風呂に入る桜良とひたすらテレビを見る少年でしが、

「私のリュックから洗顔クリーム取って」と言われてリック内の洗顔を探します。

見つけたのは、ポーチいっぱいの薬です。

目を背けようとした現実を目の当たりにした少年は「彼女は死ぬ」という重みに耐えられず、ベッドにうなだれます。

 

⇒続きはコチラから

スポンサーリンク